• コアフォーストレーニングセミナー

    すべての動作の”エンジン”となる、コアの筋力を強化する

  • トレーニングはカタチだけを真似をしても意味がない

    腕立て伏せ、腹筋、背筋。誰もが知っている伝統的な筋力トレーニングは、スポーツ科学が発展した今の時代でも行われています。

    なぜなら、そのトレーニングに ”効果があるから” 。だからといって「昔から使われているから」「何となく効果がありそうだから」という理由で指導をしていませんか?

    形だけを真似していては効果を出すことはできません。

     

    コアを強化し、怪我の予防やパフォーマンスアップにつなげるためには、「目的」「フォーム」などのポイントを押さえる事が重要です。

     

    今さら聞けない自体重筋トレ指導を身に付けたい、復習したい、形だけの指導を見直したい、自信を持って伝えられるようになりたいなら、コアフォーストレーニングがオススメです。

  • トレーニングに呼吸をプラスすることで効果を高める

    コアフォーストレーニングセミナーで取り上げるのは、

     

    ①クランチ(腹筋)

    ②バックエクステンション(背筋)

    ③プッシュアップ(腕立て伏せ)

    ④ヒップリフト

    ⑤シングルレッグスクワット

     

    の5種目+予備運動3種目。現場で最低限押さえておくべきものをギュッと詰め込みました。

    さらに、トレーニング効果を高めるための ”呼吸” の活用方法もセミナーの中でお伝えします。

     

    是非現場のトレーニング指導にお役立てください。

  • コアフォーストレーニングはこんな方にお勧めです

    自体重の筋トレ指導を学びたい方

    器具を使わないので、どんな状況でも指導ができます。

    ジュニアアスリート指導者の方

    成長途中のジュニアアスリートに、最適な負荷で筋トレを提供できます。

    スポーツ愛好家・スポーツ指導者の方

    怪我の予防やパフォーマンスアップに必要なベース筋力を高めることができます。

    基礎の見直しをしたい方

    基本的なトレーニングだからこそポイントを押さえて指導することが重要です。一度学んだ方の復習にも最適です。

  • セミナー詳細

    【時間】

    3時間

    【価格】

    7,560円(税込)

    コンビニ払込票もしくはクレジットカードでお支払いください

    【受講条件】

    現在妊娠をされていない方

    ※実技に一切参加できないため

    【セミナー内容】​

     

    1.コアフォーストレーニングセミナーのゴール

     

    2.コアコンディショニングとは
     (1)コアの定義
     (2)コアコンディショニングとは
     (3)コアコンディショニングピラミッド
     (4)用語の解説

     

    3.コアフォースファイブを安全かつ効果的に行うための原理原則

     (1)指導の原則

     (2)コアフォースファイブ実施時のアドバイス

     (3)ベース筋力の重要性

     (4)筋収縮の形態

     (5)コアフォースファイブの対象者

     (6)コアフォースファイブの実施禁忌例

     (7)動きを鍛える

     

    4.コアフォースファイブの実施

     (1)全体の流れ
     (2)セルフモニタリング
     (3)コアフォースファイブ
      ①予備運動(キャットバック/サイドルック、ウィンギング、ヒップローテーション)

      ②強制呼気

      ②主運動(クランチ、バックエクステンション、プッシュアップ、ヒップリフト、シングルレッグスクワット)
     ※それぞれの種目の目的・実施方法・ポイントのレクチャー/指導練習を行います

     (4)セルフモニタリング

     

    ※テキストより抜粋

  • お申込みはこちら

    全国各地で開催されています。日程をご確認の上、お申込みください!